So-net無料ブログ作成

いろいろ [蝶]

色々な動物や植物と出会いました。でも、更新をしませんでした。
なので、忘れてしまいました・・・。

2日前くらいに、オオミズアオ(蛾)がさなぎからかえりました。
部屋が暖かかったからでしょうか?
さらに、卵を30くらい産んでいました。卵で越冬か!

数ヶ月前にカエルが来ました。アフリカツメガエルです。
成体になっても水中で生活をする変なカエルです。呼吸をしに
水面に上がってきます。一瞬で潜ります。可愛い…です。
餌は水面に浮くタイプなので、カエルは水面に上がってきて
手で餌を口に運ぼうとします。可愛い…です。

今頃? [蝶]

7月29日にサナギになったキアゲハが、な・なんと…昨日蝶になりました![手(チョキ)]
キアゲハは、蛹のまま越冬するらしいので、このまま越冬するか?死んでしまったか?
と言われておりましたが、昨日死んでいないかどうか確かめるため蛹を揺すってみたところ、
ぴくぴくと動く事が判明!(後日そうだったのよ~と聞きました[わーい(嬉しい顔)]
で、揺すられたのをきっかけにどうやら出てきたらしいのです!おぉ!!!
キアゲハ.jpg
外側の模様(アゲハチョウに似ています)
080904_0844~0001.jpg
内側の模様(実はアゲハチョウに似ています)
アゲハチョウとキアゲハは似ているので、飛んでいるのを見ただけでは判断するのが
難しいようです。(専門家談)
私は、蝶を見ると「あれはアゲハ」とか「キアゲハ」とか勝手に言ってみています。
なんだか、知ったかぶりたいお年頃!?


キアゲハ [蝶]

キアゲハの幼虫たくさん連れてきました。
7匹くらいましたが、うち2匹しか蝶になることができませんでした。
自然界と比べて、羽化率が高いのか低いのかわかりませんが、
なんだか悲しい限りです。
きれいな蝶が見られる予定でしたが・・・残念ながら撮れませんでした。[もうやだ~(悲しい顔)]

終齢はなぜわかるか? [蝶]

コメントありがとうございます。
終齢がなぜわかるか!?という質問ですが、
体の色でわかります。
アゲハチョウの場合・・・
4齢(5齢が終齢です)までは、鳥のフンのような体の色をしていて
食べる→体を脱ぐ→でかくなるを繰り返します。

最後の脱皮を行うと、それまで鳥のフンのような色だった幼虫が
きれいな緑色になります。それで終齢ということがわかります。

因みに、キアゲハは3齢まで、鳥のフンの様な色ですが
4齢になると緑色(写真参照)に、なります。
さらに、5齢になるともっときれいな緑色になりサナギへと変化します。
キアゲハは、幼虫時代はきれいとはいえないですが、
成虫はすごくきれいです。こうご期待!080731_1215~0001.jpg

あまりきれいでない? [蝶]

新しい蝶のさなぎです。
黄色い蝶になるはずなのですが・・・名前を忘れてしまいました。→キアゲハです。

8匹くらいいるのですが、内2匹は黒っぽくなり
多分・・・ハエの幼虫か、蜂が飛び出てくる模様です。

こうご期待!
080729_0949~0001[1].JPG

アゲハチョウ再来 [蝶]

アゲハチョウの終齢の幼虫がやってきました。
じつは、先日実家に帰ったときも裏庭にいました!
以前に見たときは「気持ち悪!」だったのに、
今回は「かわいらしい」という感想に変わっていた自分に「びっくり!」
人は変わるものですね~。
アゲハむしゃむしゃ.JPG

アゲハチョウは「ミカンの葉」をひたすら食べるそうです。
参考までに・・・

 ミカンの葉   → アゲハチョウ
 クスノキの葉 → アオスジアゲハ
 キャベツ    → モンシロチョウ
 パセリなど  → キアゲハ

ある意味セレブな生活です。

食い分け [蝶]

アゲハ補足です。アオスジアゲハはクスノキの葉しか食べないそうです。
モンシロチョウ系は「葉っぱ類」を食べるなど、昆虫界では「食い分け」を
しているそうです。
「食い分け」とは、いわゆる「棲み分け」みたいなもので、食べ物を分けることで
同じ森の中で共存できるという事だそうです。
すべて、伝聞口調ですが・・・そういうことらしい。
あおすじあげは2.jpg

さようならアゲハ!こんにちはアオスジアゲハ! [蝶]

アゲハチョウの幼虫は3日くらいで死んでしまいました。
ミカンの葉に農薬がついていたか…なんだかよくわかり
ませんが残念でした。
しかし!今日はアオスジアゲハさんがきてくれました。
近くに「クスノキ」がいっぱいあるらしく、この辺ではアオスジアゲハ
はよく見られる蝶なのだそうです。
あおすじあげは.JPG

今日からアゲハチョウ [蝶]

アゲハチョウがやってきました。
もちろん・・・卵。色は黒っぽく、まもなく中から幼虫がでてきます。
あっ!出てきました。
体長2mm、直径0.5mm程度のかわいらしい幼虫(円柱形)です。
「生き物は円柱形♪」「円柱形!」♪(歌う生物学:本川達夫先生より)

アゲハチョウの幼虫は、まずは卵をせっせと食べます。
その後、ミカンの葉っぱのみを食べて育ちます。
なんと、グルメなアゲハチョウでしょう!
虫嫌いな私にとっては、そんな常識的なアゲハチョウの行動も
感動です。
アゲハ幼虫。殻を食べている拡大
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。