So-net無料ブログ作成

あし [生物]

カエルさんに後ろ足が出てから早1週間くらいたったでしょうか。
とうとう、前足ができました。[手(チョキ)]
そして、カエル部屋(水槽に陸を作ったもの。私が作ったわけではないが・・・)の陸に
とうとう上陸[exclamation×2]しました。
090511_1527~0001.jpg

カエルさん [生物]

「おたまじゃくし」に見えますか?
ヒキガエルの卵さんです。正確には卵塊です。
細長い管のような卵塊に、おたまさんの直前の者たちが
わさわさいます。卵塊にへばりついています。

全部で50匹は超えるのではないでしょうか。
全てヒキガエルさんになったとしたら・・・・・。
想像はしない方がよいでしょう。090404_0917~0001.jpg

ついでに「きれいなミジンコ」
090224_1549~0001.jpg

サンショウウオ [生物]

懐かしの?サンショウウオの卵塊です。
サンショウウオは、この「まが玉」みたいな固まりを2つセットで産むそうです。
図鑑に載っているものと同じだ!!!と生で見た私は感動しましたが・・・
ブログで見ている人は、結局写真ですね(^^;)
立体コピー機欲しい!!!!
サンショウウオ.JPG

続ウシガエル [生物]

写真をアップしました。なんだか・・・・土手っ・・どてって感じです。
ウシガエルさんは、モウモウと牛のように鳴くそうです。

もとは、食用に輸入されたとか。(赤オヤジさんのおっしゃるとおりです)
さらに、ウシガエルさんは、生餌しか食べないそうです。
この時期、冬眠から目覚めてしまうと生餌を与え続けるか、人間に食べられるか、
そのまま憔悴していくか・・・しかないので、目覚めないように注意しながら、もといた場所に
返していただきました。
ちなみに、ウシガエルさんの餌を確保するために「アメリカザリガニ」が連れてこられた
というのは有名な話のようです。

ある方は、ウシガエルさんの解剖をし勉強させていただいた後、
そのまま捨ててしまうのは申し訳ないので、食したそうです。
おいしかったと申しておりました[ふらふら]
kaeru1.jpg
kaeru2.jpg


ウシガエル [生物]

ウシガエルが突然やってきました。
体長20cmくらいのでぷっとしたかえるです。
土を掘り起こしているときに、間違って出てきてしまったらしいです。
初めて見ました。
やはり、丑年だからかなぁ。
後ほど写真アップします。

バケツ・ラン [生物]

バケツ・ランという南米の受粉のお知らせ。
身長30m!(ビルの10階に相当!もしくは、トイレットペーパーの全長)
地上30mに花を咲かせる変な木なのです。花も変わっていて、花びらの1枚がバケツのようになっています。
バケツの中には花の蜜が入っていて、ブ~ンって飛んできた蜂さんが、その蜜におっこっちゃうようにできています。落ちちゃった蜂さんは、おぼれないように出口を目指します。
トンネルみたいな通路を通って出るんだけど、その途中に花粉が落ちてくるところがあって、蜜だらけのベタベタの蜂に花粉がペチチョンっと羽根にくっつき、違う花へブウウウンっと飛んでいきます。別の、バケツランにたどり着いた蜂さんは、また蜜の中に落っこちます。そしてまた、出口を目指してエッサホイサッと出ていくのです。その出口に、今度は花粉を受け取るところがあり、そこに花粉がスポッとはまり、受粉が完了します。すごい植物だ!

長い・・・。でも、面白い植物なんだってば!読んで読んで!!!!

http://sankei.jp.msn.com/photos/life/trend/080108/trd0801082322017-p1.htm
http://www.fb.u-tokai.ac.jp/WWW/hoshi/miracle/orch.html


ヒドラとヒドラ [生物]

ヒドラです。影絵みたいだけど、本物を顕微鏡に写し、それを写真に撮るという・・・涙ぐましい努力(?)の成果です。よく見ると、ヒドラの根もとに小さいヒドラがいるのがわかるでしょうか?これが「出芽」です。酵母菌(パンを膨らませる奴)や、サンゴ(動物です)も同様に出芽で増えます。大きい親の一部から小さいものが出てくると「出芽」です。分裂とはちょっと違います。
ヒドラ顕微鏡.JPG

ちなみに・・・餌は、「アルテミア」で、別名「シーモンキー」ともいいます。学研の付録に付いてきた昔懐かしい~奴です。
海水をわざわざ作って増やさなければならない、海なし県民にとっては面倒な餌です。いつも作っていただき・・・ありがとうございます。ヒドラは生き餌しか食べないので本当に手間がかかる生き物です。長く伸びた触手(たこの足みたいなところ)に毒がついていて、そこに触れてしまった生き物が痺れて動かなくなり、触手の根元のお口から食べられてしまいます。
ミジンコなんかも食べるようです。

コモチベンケイソウ [生物]

無性生殖の1つ。栄養生殖!

栄養生殖・・・根茎葉(栄養器官という)の一部から新個体ができる生物。

例1)ジャガイモ
   ジャガイモを種いもとして新しいジャガイモができます。これが、栄養生殖!ちなみに、ジャガイモは茎の部分がふ膨らむので塊茎って呼ばれてます。ちなみにちなみに、サツマイモは根っこが膨れるので、塊根です。

例2)コモチベンケイソウ
   葉っぱから葉っぱができちゃう不思議(かわいい)植物です。別名、ハカラメ(葉から芽だから?!なんていう名前だ!)といいます。これも、栄養生殖の1つ。百聞は一見にしかず。ごらんあれ!
コモチベンケイソウ.jpgコモチベンケイソウ2.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

みどりしじみ [生物]

ミドリシジミの雄がななんと3匹も羽化しました。2つは、水没してだめかもって思っていた蛹だっただけに、喜びもひとしお!で・・・全部きれいなオスです。ミドリシジミは埼玉県の蝶だそうです。
きれいな羽・・・ようやく写真に納めることができました。
ミドリシジミ.JPG
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。